COMPANY

会社案内

PHILOSOPHY

経営理念

日本の宝となる企業を目指します

  • 私たちは、安全に、健康的に、フェアに、
    日本のものづくり産業の発展に
    貢献していきます。
  • 私たちは、ハイクオリティーでスピーディーな
    受託生産と自社製品を提供していきます。
  • 私たちは、いつの時代の変化にも対応し、
    前進を続けます。

POLICY

基本方針

経営理念実現のための5つの方針

  • お客様に対して

    お客様のニーズに的確かつ柔軟に対応し、頼られる存在になることを目指します。

  • 製品に対して

    適正な品質の製品・サービスをスピーディーに、安定的に供給し続けることを目指します。

  • 社員に対して

    社員やその家族の幸せと健康を守り、一人一人が働きがいを実感できる環境づくりを目指します。

  • 会社に対して

    未来を見据え、時代の変化に柔軟に対応する組織を目指します。

  • 地域社会に対して

    出会いやつながりを大切にし、よりより地域環境づくりを目指します。

PRECEPT

行動指針

基本方針実現のための7つの行動

  • 行動原則

    すべての物・人に誠実に向き合い、仲間や家族に誇れる仕事をします。

  • お客様に対して

    社員同士情報を共有し、常にお客様の存在を意識して、業務に取り組みます。

  • 製品に対して

    “安全第一”を維持し、今の技術に満足することなく、常に製品の向上に取り組みます。

  • 製品に対して

    整備の性能・性質を理解し、保守点検に努め、安定的に成果をあげます。

  • 社員に対して

    自らコミュニケーションをとり、進んで“挨拶”をし、お互いを尊重し、業務に取り組みます。

  • 会社に対して

    築き上げてきた技術・知識を尊重しつつ、時流を捉え、発展させ、次世代に継承していきます。

  • 地域社会に対して

    地域行事に積極的に参加し、地域環境の維持に努めます。

MESSAGE

代表挨拶

私たち宝機械工業株式会社は、キー溝加工機のベストセラーTKシリーズ(工作機械)及びその使用刃具であるブローチ・カッター(精密工具)をはじめ、周辺装置(ASSY)治工具などの長年にわたる研究・開発・製造・販売を通じて常に「生産性」「精度」「利便性」等エンドユーザー様の多様なニーズにマッチした製品をお届けしてまいりました。

今日、多種多様な産業分野の機械・装置・部品の生産に取り組んでおります背景には、発注先様からの当社のメーカーとしての総合的な生産能力・技術力に対する高い評価があるものと自負しております。

「宝=キーシーター」だけではありません。部品加工や組立のみならず、材料から完成品の一貫生産まで必ずや貴社のお役に立つ何かを私たち宝機械工業株式会社はお届けします。

代表取締役 越柴 充彦

INFORMATION

会社概要

代表取締役 越柴 充彦
所在地 〒924-0004 
石川県白山市旭丘3丁目20番地
TEL 076-275-5155
FAX
自社製品 076-275-5156
受託生産 076-275-8582
資本金 2,000万円
従業員数 男性31名 女性9名 合計40名
(2021年10月時点)
取引銀行
  • 北國銀行松任北支店
  • みずほ銀行金沢支店
  • 北陸銀行金沢支店
  • 福井銀行松任支店
  • 商工中金金沢支店
主要取引先
自社製品 株式会社山善、株式会社ジーネット、ユアサ商事株式会社、株式会社NaiTo
他約350社
受託生産 OEM協力企業様
事業内容
自社製品 キー溝加工機、キー溝盤、キー溝加工機用刃物 各種製造販売
受託生産 材料調達〜組立までの一貫生産、単品部品加工
その他
各種認証 / 認定 / 資格等
  • マシニングセンタ2級技能士:4名
  • 機械仕上、治工具仕上2級技能士:2名
  • 機械検査2級技能士:2名

HISTORY

沿革

1963年 故越柴一雄(前取締役会長)が金沢市諸江町にて宝機械工業株式会社を設立
TK-50型、TK-60型、TK-70型の製造販売を開始
1969年 TK-60型を改良し、TK-65型を新たに開発
1971年 工場規模拡大のため、石川県白山市(旧松任市)宮永市町に移転
1983年 新型機としてTK-150A型とTK-250NS型を発売
1996年 簡易自動タイプの新機種としてTK-80型の生産を開始
1997年 自社製品以外の加工、組立にも着手
2002年 本社・工場を白山市(旧松任市)旭丘3丁目20番地(旭工業団地)へ移転
2006年 敷地内にて工場棟増築完成
芝浦(旧東芝)製5面加工機1号機MPC-2660(E.B0)を新工場に導入
2007年 オークマ製立型マシニングセンタMA-650VBを新規導入
2008年 OKK製立型マシニングセンタVM5Ⅲを新規導入
2009年 芝浦(旧東芝)製5面加工機2号機MPC-4180Bを新工場に導入
2010年 越柴充彦(前専務取締役)が代表取締役に就任
2011年 卓上型キー溝加工装置としてTK-14型の販売を開始

ACCESS

アクセス

  • 北陸自動車道
    富山方面からお越しの場合

    白山インター出口(信号:白山インター口)左折し海側環状を北上、高速下を通るとすぐ青看板「左 白山市街/直進 金沢港・のと里山海道/右 白山インター富山方面」がありますので白山市街方面へ(信号:中新保町)左折します。

  • 北陸自動車道
    福井方面からお越しの場合

    白山インター出口(信号:中新保町)は直進(海側環状を横断)します。その後は通なりに左、白山市街方面へ進み、旭丘一丁目信号を右折。旭丘三丁目信号を過ぎるまで直進し、ホクショーさんと雪印メグミルクさんの間(信号なし)を左折。高速に突き当たる手前右側が当社です。